Help

味玉中華そば@三代目藤村商店・江東区住吉

  • 29

Photos: 味玉中華そば@三代目藤村商店・江東区住吉

Photos: 鶏白湯黄金らーめん@ひのとり東京東陽町本店・江東区東陽町 Photos: 冷やし真鯛らーめん@麺魚・墨田区錦糸町

青森下北ラーメン 三代目藤村商店
  江東区住吉2-24-6 井手ビル1階

 岩手に住んでいた時は、県内でも煮干しを使ったラーメンを提供するお店は多かったし、青森にも何度か出かけて本場の煮干しラーメンを味わった。それらはいずれも煮干し又は焼干し出汁がメインの津軽ラーメン。一方で、下北地方を旅行した時は、ホタテを具材にしたラーメンは食べたものの下北ラーメンという名前は聞いたことがなかった。つけ麺、汁無し担々麺、油そばといった魅力的なメニューもあるが、まずは基本を味わおうと店舗入口右手の券売機で中華そば(680円)のボタンをポチッと。なお、クーポン券で味玉(100円)を付けてもらった。
 麺は縮れ中麺。店内掲示には宝製麺所とあったが、ネットで調べると京都の宝産業という製麺&コンサルティング業の麺のようだ。歯応えは多少あるが、コシが全くないためシコッともモチッともしておらず、ブチッと噛み切っていくだけという何とも頼りない食感だ。薄濁りの醤油スープは、イワシ節と鶏ガラで出汁を引いているという。口に含むと、煮干しのような強い風味ではなく魚介が円やかに、かつ、優しく香るといった雰囲気でこれは良い。一方で、鶏の存在感がほとんど感じられず、したがってスープ全体の旨味とコクは弱く今一歩という印象だ。途中で、味変のため卓上の小壺に入った赤龍みそというのを入れた。山形は南陽市の赤湯辛みそのようなもので、唐辛子以外にニンニクも使われているので辛みとニンニク風味がプラスされスープの趣きが変わった。スープの薄さを誤魔化すことは出来るが、同時にイワシ節の風味が弱まってしまうのは考えものだ。チャーシューはバラ肉の半ロールタイプで、ボリューム感、味とも至って普通。味玉は見た目どおり中までしっかりと味が染みていて、好みのゼリー状に固まった黄身の味わいは濃厚。これは美味しい。軟らかなメンマは仕入品のようで、味がほとんど無かった。
 麺量は150gくらいだろうか。11時から15時まではランチタイムサービスとして大盛、ライスとも無料になる。そんなサービス精神旺盛なのに、雨のせいか11時40分時点で先客0、後客1と閑散としていた。大丈夫かなー。

・お気に入り度:△+

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.