Help

ラーメン・とろり@鶏ポタラーメンTHANKお茶の水店・千代田区小川町

  • 20

Photos: ラーメン・とろり@鶏ポタラーメンTHANKお茶の水店・千代田区小川町

Photos: 担担麺+パクチー@鳴龍・豊島区新大塚 Photos: 汁なし担担麺・3辛・大盛@キング軒東京店・港区芝公園

鶏ポタラーメンTHANKお茶の水店
  千代田区神田錦町1-14-7 紅雪ビル1階

 神田から少し外れたところに鶏白湯をベースにした洋風のラーメンを出すお店があることを知った。場所はちょくちょく行く神保町と小川町の間だが、靖国通り沿いではなく少し入った路地のような裏道沿いなので今まで気付かなかったわけだ。メニューは、大山鶏の鶏白湯を野菜スープで割ったものをベースとして、ラーメン、つけ麺、担々麺風、それにチーズと卵黄を使ったカルボナーラっぽいラーメンがメインで、期間限定メニューも用意されている。そんな中から基本のラーメンをチョイス。なお、この基本のラーメンは、スープの濃度に応じてぽてり、とろり、さらりの3種類から選択できるが、今回は一番人気と付箋が貼ってあったとろりのボタンをポチッとな。800円。
 麺はストレートでやや細めの中麺。思ったよりの硬く茹でられていて、奥歯で噛んでも一度や二度では噛み切るどころか噛みつぶすことも出来ないほどだ。こういう食感の麺としては九州の細めの低加水麺があるが、それだと間違いなく粉っぽさを感じるのが常だが今回はそれもなく、このような麺に出会った記憶がほとんど無い。不快な感じや違和感は全く無いないので、これはこれで大いにアリでお店の個性だと思う。スープは名前のとおり緩いとろみがある塩味鶏白湯。塩味と言ったが醤油も使われているかもしれない。鶏の旨味は十分に引き出されているものの、鶏白湯と聞いて想像するほどの鶏の存在感はなく、また、意外にあっさりとしていて少し拍子抜けするくらいだ。当然、鶏臭さや鶏白湯特有のまったり感はない。鶏白湯に慣れていない人にとっては食べ(飲み)やすいスープだろうが、鶏白湯を期待して来た者には、野菜スープの割合が少ないであろうぽたりが最適のように思う。具材はグリルチキン、穂先メンマに海苔と木口切りの小ネギ。鶏肉は券売機には手羽先と表記されていたが、食べた感じはモモ肉のよう。ちゃんと下味が付いていて、ほどよい軟らかさでジューシー。美味。鶏好きならこれの増量(1カット150円)も大いにあり得る。穂先メンマは期待通り軟らかいものの、味付けも特有の発酵臭も薄く、つまり味をあまり感じなかった。
 普通の鶏白湯ラーメンとは異なるオリジナリティーに溢れる一杯。他のメニューに興味を引かれるし、世界の有名料理にヒントを得た限定メニューも面白そうだ。

・お気に入り度:○

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.